日本百名山・斜里岳日誌

清岳荘管理人としての苦楽の日々CS(クライマックス・シリーズ)

2011-10-01

 

10月になりましたね。

 

風雨・低温 5℃ 水量も多し全員途中下山

そろそろ初めての小屋閉め作業です。

ぼくを支えてくれたモノたちは、たくさんありましたが、


小屋の時空を正確に刻み、ぼくを管理?する事務所時計

なんでもキレーにしてくれる、パワフル業務用掃除機

本たち(やはり"マンガ岳"はお客様にも人気でした)

そして、ちゃちゃ(管理人室にて指定管理施設業務報告書作成中)

2011-10-02登山者数 4,723名にて業務期間を無事に終える夜です。

ご覧のみなさま、ホントウにありがとうございました。

百名山・斜里岳の小屋番として、初めての、ぼくが務まりました。

おそらく、いまの40才の齢-
百名山地帯では、いちばん最年少な小屋番だったのかも知れません。

たくさんの交流と糧、学びがありました。

孤独で一杯、昨日の心配不安が、翌日の安堵となりつづけた一方で、
なにも関係ないときに、とんでもないアクシデントが突然、起こる。
そのときに、ベストで対応したらいい。
そのための気構えと余裕を持とう。

それにしても、宿泊最初と最後の人が、ソーナンするとは、
縁起の悪い、ツイテナイ初管理人だった。

初めて斜里岳に来られる方たちがほとんどな中での出会い、寝食を共に
する宿泊者さんたちは、ぼくの言動ひとつで気分も悪くしたろうし、稀に
よくした人も居たかも知れない。
どちらも、はんぶんこ。

24時間、物理的に小屋から離れられず、何かをせっせとしていないと
気が済まない性分、いつ休んだらいいのか、何がやりがいや喜びなのか、
マナーを守らない多くの人たち、きちんと出発の挨拶してゆく人たち、
 
食べたいものを食べたいときに食べられない、お風呂に入れない等々
苦難だったけれども、お客様との会話や笑顔、自然の移ろいで救われる。
これらも、はんぶんこ。

世の中、はんぶんこなのだ。

そして、何より、大切なことは、
ひとつのことをやりぬく
という達成感であって、
それは、どこか、登山とも共通しているのかも知れない。
そして、それは誰かの支えによってできていると云うこと。

とにかく、
登山事故を起こさせない、という、大げさなことではなく、
処女なる大好きな斜里岳に迷惑をかけられまい
と云う、自分に課したことは、なんとか、達せられたかな、とホッとしています。
(18才夏、網走から徒歩単独行、同年、冬山の初登頂山)


  魂のいちばんおいしいところ

 神様が大地と水と太陽をくれた
 大地と水と太陽がりんごの木をくれた
 りんごの木が真っ赤なりんごの実をくれた
 そのりんごをあなたが私にくれた
 やわらかいふたつのてのひらに包んで
 まるで世界の始まりのような
 朝の光といっしょに

 何ひとつ言葉はなくとも

 あなたは私に今日をくれた
 失われることのない時をくれた
 りんごを実のらせた人々のほほえみと歌をくれた
 もしかすると悲しみも
 私たちの上にひろがる青空にひそむ
 あのあてどないものに逆らって

 そうしてあなたは自分でも気づかずに
 あなたの魂のいちばんおいしいところを
 私にくれた
              (谷川俊太郎)

2011-10-03

 

朝、起きると、しんしんと降る雪の銀世界でした・・・20cmくらい
(いつもの定刻3時には降ってなかった)
小屋内外の〆のときに雪なんて、実に、ツイテナイ初管理人・・・

でも、宿泊者最後の人が、ソーナンして助かったのは、とあるお役立ち情報を教えておいたから。
今朝まで一晩、ビバークしてたら、たぶん大変な事態になってと思います・・・
(小屋出発5:30と速く、後続日帰り入山者へ注意喚起)

ヘリが飛んでくれたおかげで助かりました。

せっせと雪かきして、小屋閉め関係者さんたちみんなを待つも、誰も来られないので、
小屋閉め作業は、後日となる・・・

さて、

ようやく、下界の自宅へと無事に降りました。

初めての山中での単独生活、百名山ゆえ、全国並みに試されるホスピタリティ。

本来、どんな山にも優劣はないはずだけど、社会的なブームの影響を受けてしまう。

そこにマナーの縮図も発生します。

それでも、
斜里岳登山の素晴らしさは、登られた皆様の心に、深く残られたことでしょう。

降雪ゆえに小屋閉めの残務作業を残してきましたが、
以下、業務報告書をこれから最終作成します。
・登山者数報告書
・宿泊関連報告書
・販売関連報告書
・協力金等報告書
・土産品引継ぎ書
・管理業務日誌まとめ

2011-10-06

 

初雪も融け、地域の方たちと一緒に、小屋閉め作業を行いました。

北海道の680mの標高に、電気や水道、合併処理槽などを抱えてるので、
冬越しをきちんとさせるには、そりゃあ、たいへんです。

看板やテラスたちも全て撤去

丸一日かかって終了。

じーん・・・

まっくらになった誰も居ない小屋内へ、

たいへん、お世話になりました!

どうか静かに冬はお休みください!


と、心からお礼申し上げました。

 

(完)

 

2011年10月記

参考資料